特集 SPECIAL FEATURE

お盆・初盆に贈るフラワーギフト特集

 お盆の時期になると、家族で帰省しお墓参りや一家団らんの時間を楽しまれる方が多くなります。お盆はご先祖様の霊が私たちの世界に戻ってくるとされており、この時期にご先祖様が好きだった花やお供えに適したお花を飾りご先祖様をお迎えします。ご先祖様への感謝を伝え、ご先祖様と共に家族団らんの時間を過ごします。

お盆について

お盆の時期と東京盆

 一般的にはお盆は8月13日~16日の4日間とされています。地域などによっては7月13日から16日をお盆とし、ご先祖様の霊を迎え入れる地域などもあります。7月盆は東京盆や新盆(しんぼん)と呼ばれ、関東地方や正花園のある金沢市、岐阜県の多治見市、静岡県の一部の地域などが7月にお盆の行事を行います。

新盆・初盆とは

 故人の四十九日の法要後、初めて迎えるお盆のことを新盆(にいぼん)・初盆(はつぼん)といいます。先の東京盆の解説で新盆(しんぼん)と読みましたが、故人は初めて迎えるお盆は新盆(にいぼん)と読みます。

お盆のお花

 お盆には夏に咲くお花を仏様に飾ることが多く、菊以外にハス、ほうづき、リンドウなどが季節のお花として有名です。特にハスの花は仏教では極楽を表すときに表現されています。「極楽にはハスの花が咲いている」とされ、仏様の姿も必ずハスの台の上に立っている様子の絵が描かれています。また、「良い行いをこの世で行ったものは極楽のハスの中から現れる」とされ、お盆の時期にハスの花を飾ってご先祖様を迎え入れることはご先祖様が極楽を生きておられることを表すとされています。

祥月命日から四十九日を過ぎない場合にお盆を迎える場合

 祥月命日(しょうつきめいにち)から四十九日法要がとり行われていない時期にお盆を迎える場合(日数だけで換算すると6月25日~8月12日にお亡くなりになった場合)、その年のお盆は新盆、初盆には該当せず、翌年のお盆が新盆、新盆であるとされています。
 これは仏教ではお浄土へたどり着くまでに死後49日間かかるとされているためで、お盆はお浄土からご先祖様をお招きすることから、まだお浄土にたどり着いていないご先祖様をお招きすることになってしまうからと言われています。

お盆に「お供えのお花」をフラワーギフトに

 お盆にお供えするお花のご注文は、お盆が始まる前に準備されることをお勧めします。お盆の時期はお花屋さんは仏花や墓花などの販売量が多くなるため、その時期は花材の調達なども仏花や墓花が中心になっています。しかも、お盆の時期は花市場が休市になる場合などもあり、お盆が始まる前にご注文を完了させる方がイメージにあったお花を調達しやすいと考えられます。

お盆の時期はどんなお花がおすすめ

初盆・新盆は白メインのアレンジメントがおすすめ

想いを込めたお供え花を贈りましょう。故人の方が帰ってきて家族と過ごすためのお花です。特に初盆、新盆の場合は白色メインのアレンジメントがおすすめです。

正花園オンラインショッピングを利用してお盆のフラワーギフトを選ぶ

オンラインショップリンク(お供え)

格式の高い胡蝶蘭もお奨め

 初盆や新盆には胡蝶蘭をお供えのお花として飾られる地域もあります。胡蝶蘭には「幸福が舞い降りる」という花言葉があり、また夏の暑さでも花もちが生花に比べてよいこと、美しい純白の大輪の花が咲くことなどから支持を集めています。また、ミディなどの小さな胡蝶蘭も好まれます。

胡蝶蘭ギフト

ビジネスや取引先のお盆にお花を贈りたい

 企業や法人から「お盆のお花を贈りたい」というご要望をよく頂きます。特に会社の従業員様が迎えられる初盆にあわせてお供えアレンジメントのご依頼をお受けすることが多くあります。このとき、お盆の時期に会社がお休みになっている場合もあることから故人様のご仏壇があるご自宅にお花を手配されることを強くお勧めしております。

仏壇のお参りにはお供えアレンジメント、お墓参りには墓花を

 お盆には仏壇とお墓の2か所でご先祖様へのお参りをされる場合が多いです。仏壇には仏花を。お墓参りには墓花を飾りますが、仏壇はすでに家主さんが用意されている仏花が飾られていると思われます。仏壇のお参りにはお供えアレンジメント、お墓には墓花を持参し、お参りされると良いでしょう。

お盆・新盆についてよくある質問

Q:お盆のお花はいつ贈るのがいいですか?

8月12~13日に届くようにお贈りすることをお勧めしています。

Q:お盆のお花で入れてはいけない花などありますか?

基本的に「絶対にNG」と呼ばれるお花はありませんが、棘のあるバラや死を連想させる花などは入れない方が良いでしょう。

Q:仏壇の花をお供えに使っても大丈夫ですか?

お墓参りにお持ちするのであれば問題なく使えます。ただ、仏壇のお花を仏壇用にお盆でご利用になる場合、すでに仏壇にお花が飾られていると思いますので、その場合はアレンジメントや花束などタイプを変えた方がいいと思います。

Q:正花園はお盆でも営業していますか?

はい。正花園は年始を除いて休日祝祭日であってもお店をオープンしております。オンラインショッピングもご利用いただけますので、ぜひご利用ください。